人生や恋愛、仕事のお悩み相談なら「豊か人」

豊か人

夫婦関係の悩み相談について

笑顔で寄り添う夫婦

そもそも、夫婦の間に問題が生じるのは当然のことです。なぜなら、もともと違う価値観や考え方を持った人間どうしだからです。結婚を決める前は気にならなかったことでも、一緒に生活していると、ちょっとした生活習慣や価値観の違いにイライラ。何気ない一言がケンカの火種に。豊か人では、夫婦に関するどんなことでも、話し相手+悩みアドバイスを行っております。

まずは悩みを解決されたお客様の声をご覧ください

30代 男性 会社役員夫婦関係の悩み

妻と子どもの教育方針について意見が違いすぎて困っていました。相談したら、相手の世界観を理解するコツを教えてもらい、妻の意見の理由や背景にまで考えが及ぶようになりました。また、今まで妻に対して、意見を言っていたのは、意見ではなく「尋問」になっていたと反省。そのため、謙虚な姿勢で「質問とお願い」をするようになったら、妻の態度も一変しました。家庭のストレスが減ると、仕事にも身が入りよかったです。

40代 女性 会社員夫婦関係の悩み

SNSや、ちょっとした集まりにおいても、自分をよく見せることに疲れて相談。いろいろと話している間に、原因が夫との関係にあることが判明。実は、何をやっても夫から感謝されていない寂しさがあったのです。自分でも気づかないふりをしていたけど、それが分かるとポロポロと涙が止まりませんでした。わずかな時間なのに、悩みの奥底にある原因までが分かってよかったです。

40代 女性 主婦夫婦関係の悩み

夫に気を使って疲れる。ちょっとした一言で怒り出すので、それがストレスになっていました。相談したところ、夫婦の会話の中で、夫の発言に対しては、私はいつも否定から返していたことに気づきました。夫は自分の発言に対して、とりあえず、「そうだね」「それはいいかもしれない」という肯定の言葉が欲しかっただけだと分かったのです。解決策は簡単だったけど、自分のことは自分では気づけないので、相談してよかったと思います。

こんなお悩みありませんか?

  • 夫婦の価値観がズレている
  • 一緒にいて楽しくない
  • 会話が弾まない
  • 何を考えているかわからない
  • 夫がほとんど家にいない
  • 真剣な相談ができない
  • いつも夫婦ケンカばかりでストレス
  • 夫の言動にイライラする
  • 妻の言動にイライラする
  • お金の使い方が納得できない
  • ヒステリックに怒鳴られる
  • いつもピリピリしていて安らげない
  • どちらか一方の言いなり
  • 相手の機嫌伺いに疲れた
  • 子どものために婚姻関係を続けている
  • 別居したい
  • 浮気願望がある
  • 離婚を考えているなど深刻な亀裂がある

どれか1つでも当てはまるのでしたら、豊か人がお力になれるかもしれません。

そもそも、仲の良い夫婦と仲の悪い夫婦の違いって何でしょうか?それは、「夫婦関係のどこを見ているか」です。

なぜなら、人間は見ているところによって、精神的、身体的に気分や状態が確定する生き物だからです。

例えば、美しい空を見ているときの気分とドブ川を見ているときの気分は全然違いますよね。「そんなこと言われても、私たち夫婦にあるものは、ほとんどがドブ川なんだけど…」そう思われる人もいるでしょう。

そこで、最も重要な事実があります。それは、この世界の自然界にある「2:6:2の法則」です。これは、すべての現象は2:6:2の比率で分けられるというものです。

例えば、ミツバチ。彼らは一見、コミュニティの形成のために、全員が一生懸命に働いているように見えます。しかし、実際にはそうではないのです。

懸命に働いているのは、上位の20%で、中間の60%は普通の働きです。そして、下位の20%は実はさぼっているのです。たとえ、メンバーを入れ替えても、必ずこの比率になります。

この自然の法則は、私たちのすべての現象にも当てはまっています。要するに、どんな夫婦でも「良いこと20%」「普通60%」「イヤなこと20%」の状態になっているというわけです。

この「2:6:2の法則」は、もちろん、あなたにも当てはまっています。

その状態を素直に受け入れてみてください。そして、ドブ川を見るように「下位20%のイヤなこと」に目を向けるのではなく、「上位20%の良いこと」を見てみようとしてください。必ずそこには、美しい空が広がっています。

今まで、お一人で悩まれてきたんですよね。あなたは強い人です。でも、そろそろ、気楽に相談してみませんか。

このまま悩みを放置しておくことと、一度、気楽に相談してみること。選ぶとしたら今のあなたにとって、どちらが現実的ですか?

まずはお話を聞かせて頂けませんか?

電話お悩み相談を実施中です。あなたのお悩みを少しお聞かせ下さいませんか?
どんな些細なことでも構いません。まずは下のボタンからお申込みくださいませ。

 電話相談のお申込み