人生や恋愛、仕事のお悩み相談なら「豊か人」

豊か人

僕たちは、「何もしていなくても、何もできていなくても、存在自体に価値がある」

僕たちは、「何もしていなくても、何もできていなくても、存在自体に価値がある」と言ったら、あなたは、ビックリしますか?

「いやいや、アホか?何を言うてんねん?」

「みんな、毎日、仕事をして、社会のために働いているだろ?」

「それぞれ、何らかの価値を創造し、提供しているはずだ」

だから、「何もしていなくても、何もできていなくても、存在自体に価値があるなんておかしい!」

「人間は、何かを成し遂げるために生まれてきたんだ」

きっと、そう想う人が大半だと思います。僕もその一人でした。

・自分に価値を感じたい

・自分は価値ある存在だと、自分自身で思いたい

・自分は価値ある存在だと、他人にも認めさせたい

ずっと、そうやって生きてきた気がします。

いわゆる承認欲求が満たされる瞬間に、恍惚となるわけです。

それを目指した。それはそれで、もちろん構わない。それはそれで、この「地球体験リゾート」においては、面白い体験ゲームです。

ただ、忘れないでほしいのは、その体験ゲームをしている張本人は、本来の僕たちである「意識」だということ。その「意識」が「自我」を通して、やっていることなんです。

だけど、あまりにも「リアリティ」がスゴすぎるので、僕たちは、ついつい、本来の姿を、仮の姿である「自我」と錯覚してしまう。

そうすると、どうなるか?

・自分に価値を感じたい。

・自分は価値ある存在だと、自分自身で思いたい。

・自分は価値ある存在だと、他人にも認めさせたい。

その承認欲求を満たすために、「外」へ「外」へと意識を向けてしまう。

自分の「内」ではなく、「外」に答えを求める。

「外」に根拠や理由を創造しようとする。

例えば、

自分に価値があるのは、これだけの仕事をしているからだ。

自分に価値があるのは、これだけ稼いでいるからだ。

自分に価値があるのは、多くの人から感謝されているからだ。

自分に価値があるのは、社会的地位を獲得しているからだ。

自分に価値があるのは、大きな会社を経営しているからだ。

自分に価値があるのは、これだけのスキルがあるからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい能力があるからだ。

自分に価値があるのは、これだけの資格を持っているからだ。

自分に価値があるのは、マイホームを持っているからだ。

自分に価値があるのは、高級車を持っているからだ。

自分に価値があるのは、これだけの資産を持っているからだ。

自分に価値があるのは、家族を養っているからだ。

自分に価値があるのは、人間関係が良好だからだ。

自分に価値があるのは、誰からも好かれるからだ。

自分に価値があるのは、こんなにも健康だからだ。

自分に価値があるのは、こんなにも知識があるからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい情報を持っているからだ。

自分に価値があるのは、専門分野に精通しているからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい趣味を持っているからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい人脈を持っているからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい人たちと知り合いだからだ。

自分に価値があるのは、こんなスゴい環境に身を置いているからだ。

自分に価値があるのは、やりたいことをやっているからだ。

自分に価値があるのは、夢を追い続けているからだ。

自分に価値があるのは、情熱的に生きているからだ。

つまり、「自分に価値があるのは、○○だからだ」という公式に縛られているということ。

「外」によって、「内」が決まるということ。

もっと言えば、「外」がないと、「内」が決まらないと信じ込んでいること。

それが、意識が「外」へ向かっているということなんです。

それもそのはずなんです。僕たちの意識が「外」へ向けられるために、「外」には、本当に魅惑的なものがいっぱい用意されています。

承認欲求をなみなみと満たしてくれそうな条件が、たくさんあります。ただ、いつまでも満ち足りることはありません。

意識が「外」に向いていると、いつまでも「自我」を満足させるために、奔走しなければいけない。

常に、はやりの法則やメソッドを追求し続けなければならない。

しかも、そこに貼りついている動機は、他人に勝つために、です。

人より優れている必要に駆られて、です。

いかに効率よく生きられるかのために、です。

人に幸せだと思われるために、です。

この「他人の目」が、いつでもついて回る。もう、呪縛と言ってもいい。(笑)

そして、「自我」って、基本的に「もっともっと病」にかかっていますから、いくら満足させても、キリがないんですね。

そうすると、疲れるんです。

人生が停滞するというか。

虚無感に襲われるというか。

それでも、僕たちは、ひたすら「外」へ邁進します。だって、「外」にこそ価値があると信じ込んでいるわけですから。

その中で、ふっと意識が「内」へ向かう瞬間があります。

かつて、僕自身、本当に「外」にある魅惑的なものに心を奪われていました。だけど、「あること」があって、どんどん意識が「内」へ向かい始めたんです。この「あること」がないと、なかなか「内」へは向かわないと思います。その「あること」。

それは、「想像以上、想定外のピンチ」です。

これを体験した時、僕の人生は180度変わりました。

意識が、「内」へグ~~~っと向かい出した。

「想像以上、想定外のピンチ」に出くわすと、もうね、こう想うんです。

「どうしようもない…」

 「もう、知らん!」

 「あとは、任せた!」

 「参った!降参」

 「完全白旗」

つまり、

100%、開き直り。

いや、居直り。

逆切れと言ってもいい。(笑)

人生放棄やね。(笑)

そうすると、もう、思考しなくなるんです。あ~だ、こ~だと、脳みそ使って何とかしようとしなくなる。

そうすると、どうなるか?

「うしろが動いてくれる」んです。「うしろ」というのは、宇宙、神々、ハイヤーセルフ、魂、もう一人の自分。言い方は何でもいいです。とにかく、70億分の1の個人の人間ではない存在が動き出してくれる。

その時、意識は「内」を向いています。

自分の「内」をじっと見つめています。

 自分の「内」に、大いなる価値を見い出す瞬間です。

これは、感覚的なものなので、なかなかうまく言うのは、難しいけど、

「自分は、何もしていなくても、何もできていなくても、存在自体に価値がある」

と、はっきりと分かります。

分かるというか、感じるというか。

もっと言うと、体得するというか。

で、「なんで、そう言えるのか?」と、言われたら、こう答えるしかないんです。

「だって、そういうものだから」

何となくでいいので、伝わっていれば嬉しいです。

とにかく、「自分は、何もしていなくても、何もできていなくても、存在自体に価値がある」ということを、

「へ~、そうかもしれないな」

「へ~、そんな考え方もあるんだな」

まずは、そう口にしてみてください。

必ず、「うしろ」が動いてくれますので!

 

今回も、ブログを読んでいただき、心からありがとうございます。

このご縁を、大切に育めて行けたら光栄です。

「世の中が教えてくれた成功よりも、あなただけの豊かさを。」

5冊のe-book 無料プレゼント

願望実現と引き寄せの答えをたった一つに集約!
『あなた史上最高の自己肯定感に満たされる方法』

e-book

今、あなたはこんなふうに感じていませんか?

今まで、自己啓発やスピリチュアルを学んできたけど…

  • 「人生が変わった気がしない…」
  • 「いったい、何が本当なの?」
  • 「もう、いい加減にして!」

このe-bookを読めば、願望実現や引き寄せのために「何をすればいいのか」はっきりします。
ぜひ、この機会に、「これさえやれば、うまくいく!」本当の答えを手に入れてください。

e-bookの内容

  • e-book第1弾 あなたが「変容」する瞬間とは?
  • e-book第2弾 あなたの「変容」を邪魔する2つの障害とは?
  • e-book第3弾 あなたの「本当の姿」とは?
  • e-book第4弾 集合的無意識を味方につけ、望む引き寄せを多発させ、願望を現実化させる秘密とは?
  • e-book第5弾 「絶対的な法則がないことが、絶対的な法則」というこの世界の真理の一面とは?

~最後まで読んでくれたあなたへ特別なご案内~

「Premium勉強会・シェア会」開催のお知らせ

碩 竜平

30歳を過ぎると切実になる『よくある5つの悩み』・・・あなたは、どれをスッキリさせたいですか?

この無料勉強会では、500人以上にアドバイスしてきた「結婚・お金・仕事・人間関係・自分らしさ」の具体的な“悩み解決法”を、お伝えしています。

内容一部

  • あなたが出会いに恵まれず、結婚できない理由
  • 「○○したいけど、できない」メンタルブロックの解除法
  • 潜在意識にアプローチする4つの質問
  • あなたの時間軸を反転させる秘密の習慣
  • 過去の後悔が消える体感法
  • 幸と不幸は1:1。ネガティブな人や出来事に打ち勝つ究極真理
  • 心理学、脳科学、量子力学、スピリチュアルで解明する引き寄せの種明かし
  • あなたの現実世界を創造しているシンプルなメカニズム

「これ」さえすれば、人生は変わる。

詳細はこちら