人生や恋愛、仕事のお悩み相談なら「豊か人」

豊か人

たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ

影響力

「もっと影響力をつけて、人を動かしたい!」この記事に目をとめていただいたあなたは、そんな思いを持っているはずです。

影響力を持つには、返報性の法則、好意、コミットメントと一貫性、権威性、希少性、社会的証明、ギャップ、暗示など、多くの方法があります。しかし、使いこなせている実感があまりないですよね。

だからこそ、あなたは、簡単+絶大で今すぐ影響力を持てる方法を探しているんですよね。

それが、「たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ」です。

この記事で、最高の影響力を知った人は、人生そのものも楽しめるようになっています。

ぜひ、あなたも参考にしてみてください。

あなたに影響を受けた人たちが、あなたに「共鳴」するようになる

あなたから学ぼう。あなたを応援したい。

「たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ」によって、あなたに影響を受けた人たちが、あなたに「共鳴」し、あなたとの接点を持とうとします。そうすると、あなたの人生は、さらにエネルギーに満ちあふれたものになります。はじめは手の平サイズだった小さな雪だるまが、転がすことによって、どんどん大きくなっていくようにです。

なぜなら、あなたに「共鳴」した人たちにとって、あなたは重要な存在として位置づけられるからです。そして、あなたに近づいてくるようになる。あなたと一緒にいると心地がよく、また、あなたの影響を受け続けることで、メリットを感じているのです。

そのため、あなたの周りには、主に2種類の人たちが増えることになります。

  • あなたから学ぼうとする人たち
  • あなたを応援したい人たち

(あなたから学ぼうとうする人たち)

  • あなたの成功したコツを知りたい
  • あなたの知識、情報、思想、考え方を知りたい
  • あなたの具体的なやり方を学びたい
  • あなたの生き方を真似したい
  • あなたの価値観をもっと知りたい
  • あなたのパワーの源が何か知りたい
  • あなたの歴史を知りたい
  • あなたの環境を知りたい

(あなたを応援したい人たち)

  • あなたに知識、情報をシェアしたい
  • あなたに自分のスキル、テクニックを参考にしてもらいたい
  • あなたの役に立ちたい
  • あなたの協力者でありたい

この状態をマラソンランナーで例えるとこうなります。

あなたは走ることが大好きで、夢中で走ってきました。そして、いつしか後ろを振り返ると、あなたの姿に「共鳴」した人たちが一緒に走ってくれている。給水所では、あなたが一番エネルギーを補充できるドリンクが用意されています。それは、あなたにとって必要な知識、知恵、情報、思想、考え方かもしれない。また、依頼、提携、お願いなど、あなたがますます楽しくなるような体験かもしれない。それを用意してくれている。

このように、あなたが、ますます楽しく走れる環境を創造してくれるのです。

あなたは、周りに影響を与える存在になる

彩り始める世界

「たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ」を実践すれば、あなたは、絶大な影響力を持つことができ、その影響を受けた人や現象があなたの世界を彩り始めます。なぜなら、あなたは、影響力を受ける人の本質と、揺るぎない影響力の持ち方を体得することができるからです。

人間は、誰もが影響力を持ちたいと望むものです。それと同時に、自分の無力さや平凡さを目の当たりにする瞬間も味わう。もしかしたら、あなたも、自分には影響力がないと悩んできたお一人かもしれません。

あなたから影響を与えるわけではなく、いつも周りの人たちの意見に左右される。「いったい、自分の人生は誰のためのものなの?」と、周囲に合わせることに疲れ、操り人形のような自分が嫌になる。そんな経験もあるはずです。

しかし、この2ステップを実践するだけで、周りに影響されてきたあなたは、これからは周りに影響を与える存在になることができるのです。それは、ほんのちょっとしたことです。具体的には、次の2ステップになります。

  • ステップ①:あなたの影響力を最も受ける人を知る
  • ステップ②:あなたの影響力が最高潮になっている状態を知る

これを実践した結果、具体的には、このような声があります。

  • 自分らしく生きることができるようになった
  • 他人の評価が気にならなくなった
  • 他人と比べなくなる
  • 他人に影響を受けなくなった
  • 確固たる自信がついた
  • 不動心の境地になれた
  • ありのままの自分を認められる
  • 行動に移すまでがはやくなった
  • 人生を楽しむことに罪悪感がなくなった
  • チャンスに恵まれるようになった
  • 周りから助けてもらえるようになった
  • 周りから感謝されるようになった
  • 周りから憧れられるようになった
  • 周りから頼りにされるようになった
  • 周りから好感を持たれるようになった
  • 自然と誰かの役に立っている

このように、「たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ」は、あなたを取り巻く世界を劇的に変える成果を出しているのです。

影響力とは?

そもそも、影響力とは何でしょうか?

影響力とは、「自分から相手に何らかの作用を与えることで、その人の考えや行動を変えさせる力」のことです。

一般的には、以下のような人たちの影響力は大きいとされています。

  • 社会的地位がある人
  • その業界で立場が強い人
  • 才能に秀でた人
  • 経験値が高い人
  • 権威のある人
  • 富を持っている人

確かにそういった側面はあります。しかし、特別な人だけが持てる力のように思えますが、実は、誰にでもある力なのです。なぜなら、自分の存在が誰かや何かに影響を与えないでいられるわけがないからです。

例えば、あなたが息をしている。それだけで空気に影響を与えている。あなたが口にした言葉によって、周りの人たちはリアクションをする。これも影響を与えているということです。

つまり、影響力を持つことなんて誰にでもできるもの。いや、もともと備わっている力といえるのです。

なぜ、人は影響力をつけたがるのか?

なぜ、これほどまでに、多くの人が影響力をつけたがるのでしょうか?

それは、自分の存在や働きかけによって、相手や周りの考えや行動が変わる。それによって、自分には力があると思いたいからです。具体的には、以下のようにです。

  • 自分は人の役に立つ存在だ
  • 自分は社会にとって重要な存在だ
  • 自分は周りをコントロールできる存在だ

つまり、他者から認められたいという承認欲求を満たしたいからといえます。

では、なぜ、そのように思うのでしょうか?

承認欲求を求めるのは、人間の生存欲求に深く由来しています。本来、動物は個々の能力だけでは生きていくことが難しく、群れをつくる必要がありました。

群れをつくることで、個々の能力不足を補え合える関係を確立し、お互いがより安全に進化する仕組みを構築したのです。人間も同じです。

つまり、この群れ=社会的集団に属していられるかどうかが、生存できる可能性に直結していたのです。

そのため、社会集団に属していられるように、同じ集団内の人間から、「ここにいてもいいよ」「ここにいてくれたら助かる」と認められる必要があったのです。

現代では、家庭、近所、学校、職場、地域、民族、国家という社会的集団に属せることが、生存可能性を高めることになると本能的に感じているのです。つまり、「君は必要ないよ」と言われたら追放されてしまう。そうなれば、生存可能性が減少する。そうならないために、人は他者から認めてもらおうと奔走するわけです。

このように、影響力があれば、その分、他者から認められることになり、社会的集団の中で重要な存在になれる。そうすると、生存可能性が上昇するということです。だから、人は無意識のうちで、影響力をつけようとするのです。

影響力を高める方法は、誰でも簡単に使えるものではない

返報性、好意、コミットメントと一貫性、権威性、希少性、社会的証明、ギャップ、暗示

影響力をつけるための具体的な方法は多くの人たちが知るところです。その中でも、ロバート・B・チャルディーニ執筆の名著「影響力の武器」は、今でも抜群の存在感を放ちます。そこには6つの影響力について書かれていて、多くの経営者やマーケティング業界に文字通り影響を与えました。もちろん、それらを実践すれば、成果は出るでしょう。

6つの心理テクニックに経験則から2つをプラスして8つの影響力の武器をご紹介しておきます。

  1. 返報性
  2. 好意
  3. 約束と一貫性
  4. 権威性
  5. 希少性
  6. 社会的証明
  7. ギャップ
  8. 繰り返し(暗示)

ここでは、人が影響力を感じ、行動をうながされるシーンの例と、その方法を使ってあなたが影響力を発揮できる一例をご紹介しておきます。

①返報性

(シーン)

例えば、ご近所さんからお土産をもらったとき、今度はこちらがお返ししなければと思いますよね。相手の親切や恩義を感じたときに、その人から影響力を受けます。

(影響力の出し方)

あなたから相手に先に与えること。与えることができるのは2種類。

  • その人の人生や生活を直接的に助ける・役立つものを与える…物品、知識、情報、手伝い、支援など
  • その人の内面の充実に働きかける…褒める、認める、評価するなど

②好意

(シーン)

例えば、「この人、私と似ている」と思った相手には親しみを感じますよね。相手と過去の一部が一緒だったり、コンプレックスや痛みに共通点があったりすると、その人に親近感を覚え、その人から影響を受けます。

(影響力の出し方)

相手と過去を共有することで、人生の一部が一緒だったこと=他人ではない状態にする。また、「あるあるネタ」や「痛みあるある」で共通点を探すことで、相手と親しくなる。

③コミットメント(表明・宣言)と一貫性

(シーン)

相手が何らかの約束を果たそうと、ブレないで動いているとき、感銘を受けますよね。例えば、幕末の志士、坂本龍馬。彼は、日本の近代化の約束を掲げ、実際に日本中をかけ回りました。多くの日本人が英雄として彼を畏敬の念で見つめています。相手が約束を掲げ、それを遂行しているとき、その人から影響を受けます。また、自分自身も一度取ったコミットメント(発言、行動、信念など)を最後までまっとうしようとします。

(影響力の出し方)

あなたが自分と約束していることを伝え、それを果たすべく行動している状態を続けること。また、先に相手の行動、発言、信念を確約させ、それをベースにものごとを進めていく。

④権威性

(シーン)

例えば、五つ星のレストランのディナーと、普通のレストランのディナーとでは、無意識に味の違いを生じさせるものです。社会的地位や専門的立場のある人から影響を受けます。

(影響力の出し方)

権威を発揮する方法は大きく2種類あります。

  • あなたが経験を積む・資格を取る・立場につくなど
  • 引用や代弁によって権威を借りる・すでに権威ある人から推薦してもらうなど

⑤希少性

(シーン)

例えば、「残り10個だけ」「予約の取れない○○」「今だけ半額」「10分間タイムセール」など、買わなければ損と思ったり、今しかないからやっておこうと決意したりしますよね。限定性と緊急性に影響を受けます。

(影響力の出し方)

自分の商品や存在価値を高めるために、緊急性や限定性を加える。アポイントを無理して入れなくしたり、断ったりすること。

⑥社会的証明

(シーン)

例えば、感想レビューや口コミの評価など、第三者、しかも多数派の考えや意見を知ったとき、それに影響を受けます。

(影響力の出し方)

大多数の意見を集め、それを把握する。そして、第三者のエピソードを語れるようにしておく。

⑦ギャップ

(シーン)

例えば、元不良だった男性が僧侶になったり、借金に苦しんでいた人が億万長者になったりしたら、一般の僧侶や億万長者よりも興味をそそられますよね。また、大特価など、通常時と特別の場合のギャップの差に影響を受けます。

(影響力の出し方)

ギャップが大きくなるものの着眼点を鍛え、対比させる癖をつける。メリットとデメリットが際立つような表現話法を身につける。

⑧繰り返し(暗示)

(シーン)

例えば、寝ても覚めても、異性から「好き」と言われ続けたら、「自分はこの人とつきあう運命なのかな?」なんて錯覚してしまうケースもあります。繰り返されると、それが一種の暗示となって影響を受けます。

(影響力の出し方)

単純に接触回数を増やすことで、暗示をかける。

いかがでしょうか?

このように、これらを駆使すれば、確かにあなたは影響力を持つことができるでしょう。統計と結果に基づいた人間心理をついたものだからです。

しかし、ここには1つの懸念が発生します。それは、「誰でも簡単に使えるわけではない」ということです。

  • センスが必要
  • 技術が必要
  • 性格やメンタルが左右する
  • 時間がかかる

このように、条件が必要になり、人によって成果にバラつきが出ます。しかし、今からお話する2ステップは、相手を必要としません。あなた自身ができるものスゴく簡単なことです。

たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ

たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたは影響力を持てる

それでは、この2ステップについて具体的にお話します。

  • ステップ①:あなたの影響力を最も受ける人を知る
  • ステップ②:あなたの影響力が最高潮になっているあなたの状態を知る

これによって、あなたの影響力は最大化されます。じっくり見ていきましょう。

ステップ①:あなたの影響力を最も受ける人を知る

あなたの影響力を最も受ける人は、次のようになります。

「求めているものがあなたと限りなく同じで、しかも、あなたの後ろにいる人」

それは、あなたと同じ価値観を持っていて、なおかつ、問題解決や願望実現まであともう少しの人を意味します。つまり、次の2つです。

  • その人が欲しがっているもの、なりたいと思っていることがあなたと同じ分野・方向であること
  • その人があなたと接することで、自己実現できる可能性があること

もし、あなたが恋愛を成就させたいとき、影響力を受けるのは、恋愛の分野でエネルギーを発信している人ですよね。仕事や健康の分野の話をされても、入ってこない。

そして、重要なポイントは、恋愛経験が豊富な人ほど、その影響力を受けるということ。つまり、その人にとって、「この人(=あなた)には、自分の問題を解決し、願望を実現する力がある」そう実感したとき、あなたの影響力を強く受けることになるのです。なぜなら、人は自分の欲求を実現するため、その実現に必要だと感じる人やものを最も重要視するからです。

例えば、あなたが素人ながら山登りに挑戦しようと思いました。その道中で、あなたに最も影響を与えるのは山岳ガイドさんではないでしょうか。なぜなら、その人を見失ったら危険なので、必死についていく。そして、その人のあとを着いていけば、あなたの目指している頂上に行くことができるからです。

  • あなたの方向性と山岳ガイドの方向性は一致
  • あなたの危険回避と頂上到達のため、あなたの前方を歩き、導いてくれる

ここで、誤解しないでいただきたいのは、これは、決して優劣の発想ではないということです。問題解決や願望実現のために自分が持っていないコツ、ノウハウ、スキル、知識、情報、経験値を持っている人は、重要な存在になるという単純な理屈です。

いずれにしても、あなたの影響力を最も受ける人は、次のようになります。

  • あなたと人生の価値観や方向性が一緒で、
  • あなたと接点を持つことで、自分の問題解決・願望実現ができると思っている人。

「でも、正直、自分が人よりも前にいれることなんてないよ…」あなたは思うかもしれません。しかし、考え方次第では、簡単にあなたは人の前にいることができます。

例えば、100年に一度と言われている天才博士がいたとしましょう。あなたは、この博士の研究に対して影響力を持つことは、ほぼできません。研究に関して、あなたはチンプンカンプンだからです。博士の前にいることは難しいでしょう。しかしです。その博士は恋愛に関しては奥手。そしてもし、あなたが恋愛経験が豊富だとしたら、恋愛に関しては博士より前にいるわけです。博士にいろいろとアドバイスできる。そうすると、博士にとってあなたは影響力のある存在になるのです。

逆に、普段、あなたに影響を与えない人も、ひとたび状況が変われば、あなたに大きな影響を与える存在になります。

例えば、あなたは小学生の少年からも強い影響力を受けることもあるのです。

あなたと小学生の少年がいるとします。普段であるなら、あなたはその少年から取り立てて影響を受けることはないですよね。それが、あなたの求める先にその少年がいるとなると、一気に少年は、あなたに影響力を持つことになり、あなたはその影響を思いきり受けることになります。

もし、何らかの事情で、あなたと少年が無人島に漂流したとしてください。生きのびるためには、あなたは火を起こす必要があります。しかし、あなたはライターもマッチも持っていないので、火のつけ方が分かりません。しかし、その少年は、普段から野外体験塾に通っていて、島にある素材を使って火をつけることができます。

すると、どうでしょう?あなたにとって、少年は大きな影響力を持つことになるのです。なぜなら、あなたの求めていることを実現する方法を知っているからです。

つまり、ポイントは、あなたが人より10㎝前に行く方法を探すことではなく、今すでに人より10㎝前にいることは何かを考えることです。

それは、あなたが好きなことで充分です。あなたが好きなことは、間違いなくあなたにコツ、ノウハウ、スキル、知識、情報、経験値をもたらしています。そして、同じ分野の中で、あなたのコツ、ノウハウ、スキル、知識、情報、経験値が役に立つ人が必ずいます。

つまり、あなたは、あなたの得意分野に気づく必要があるのです。それは、特技に近いかもしれません。それでもいいのです。それが、今すぐお金になるならないは、ここでは一旦置いてください。

このように、あなたが好きなことを自覚し、あなたの人生において、その分野を自分の「土俵」としてしまうことが、重要なポイントなのです。

ステップ②:あなたの影響力が最高潮になっている状態を知る

あなたの影響力が最高潮になっている状態は、いったいどんなときでしょうか?

実は、「あなたが、あなたの世界を意気揚々と楽しんでいるとき」なのです。なぜなら、楽しんでいる状態の波動は、本当のあなたとして生きられている最高のものだからです。それは、人類が心地よくなる波動、エネルギーといえます。

「この人、いいな~」「この人、好感持てる」と思える人は次のような要素を持ち合わせていませんか?

  • 夢中になって取り組んでいる
  • 寝食を忘れて取り組んでいる
  • ニヤニヤしながら取り組んでいる
  • 周りが見えなくなっている
  • 新しい発見に興奮している
  • 成長できた自分を誇らしげ
  • 自分に陶酔している
  • 他人の評価なんてどうでもいい
  • こだわりが強い
  • 持論を独り言のように展開する
  • 未来を語っている
  • 損得勘定しない
  • 打算的ではない
  • 全力で喜ぶ
  • 全力で悔しがる
  • ピンチすらワクワクしている
  • なぜか逆境も嬉しそう

まさに、「自分の世界に入っている人」です。

イメージとしては、普段は、ニコニコ。たとえ、逆境に立たされても、「お~、そうきたか?どう乗り越えてみせようか!」「これは、面白いことになってきた」そうやって、またニコニコ。そんな人を見たら、「この人、何だか人生楽しんでるな~」となりますよね。

つまり、「人生のゾーン」に入っている。そんな人から受ける影響力は、まぶしく、強烈だということです。

なぜ、楽しんでいる波動は、影響力が大きいのか?

それは、楽しんでいる波動というのは、あなたのエネルギーが内へ向かっているからです。

あなたは、次の2人のどちらに好感を持てますか?

  • いつでも、格好つけようとしている人
  • いつでも、ありのままの自然体の人

いつでも、格好つけようとしている人は、最初はそう思えるかもしれませんが、そのうち、うっとうしくなる。いつでも、ありのままの自然体の人は、見ていて気持ちいいものです。

この2人のエネルギーの特徴は、以下のようにいえます。

  • いつでも、格好つけようとしている人…エネルギーが外へ放たれている
  • いつでも、ありのままの自然体の人…エネルギーが内へ注がれている

このように、「外」だけに向かって放たれているエネルギーは、小手先のテクニックが比重を占めているので、ブレます。

反対に、あなたが、あなたの世界を意気揚々と楽しんいるとき、あなたのエネルギーは、あなたの「内」に向かっています。そして、それが結果的に「外」に放たれることになる。どっしりと安定している。

例えば、あなたの影響力を「光」だとしましょう。イメージしてみてください。

あなたが、影響力を発揮しようと外ばかりに放射しているとします。それは、光を外に向け照らしている状態です。確かに、光は放たれていますが、どこを照らしているのかはっきりしません。やがて、ボワーッとなっていて、ブレてしまうイメージ。

では、この光をすき間のある箱に入れてみてください。そして、箱のすき間から漏れている光をイメージしてみてください。どうでしょうか?どっしりと安定している感じがしませんか?

ちょうど、夜の家の窓明かりをイメージしていただけるといいかもしれません。家族の幸せが家の中に集まって、それが漏れている状態。伝わりますでしょうか?

内から漏れる光

このように、あなたの世界であなたの楽しさをひたすら追求していると、「内」に光が集まり、やがて、余った光は外へ漏れる。「内」経由で放たれる外への光。その光こそが、あなた史上最高の影響力になるのです。

あなた史上最高の影響力は勝手に出てしまうもの

このように考えると、ある一つの結論に達します。

それは、「影響力を持つためには、影響力を持とうとしないこと」です。逆説的にいえば、それが答えになります。

究極は、影響力を持とうとしないこと。そんなものに興味がない。自分の楽しさをひたすら追求。つまり、最高の影響力は、あなたがあなたの世界を楽しんでいることによって、勝手に出てしまうものなのです。

例えば、天真爛漫な子ども。子どもは、自分のやりたいことを最優先にします。夢中になって遊んでいます。そこでは、自分の影響力を発揮しようと画策している子どもがいるでしょうか?ほとんどの子どもは、ひたすら、自分のことだけです。ある意味、自分勝手。自己中心的。他人の役に立とうとか、貢献しようとかいう発想がありません。自分の世界のことしか考えていません。しかし、大人から見れば、まぶしいものがあるはずです。逆説的に見れば、その影響力はものスゴいものがあるということです。

そうすると、以下の3つはいらないことになります。

  • 影響力を出してやろうという魂胆
  • 人の役に立たなければいけないという貢献
  • 「いい人」でいなければいけない義務

そんなことは置いておいて、あなたのエネルギーをあなたの世界に注ぐことです。影響力の本質は、及ぼそうと思って発揮するものではありません。「気がついたら、人に影響を及ぼしていた」というのが本当なのです。

「あなたの在り方そのもの」が、あなたの影響力になる

在り方は、影響力になる

あなた史上最高の影響力をつけるには、次の2つです。

  • あなたの影響力を最も受ける人を知る=あなたの得意分野、大切にしている価値観を分かっている
  • あなたの影響力が最高潮になっている状態を知る=あなたが、あなたの世界を意気揚々と楽しんでいる

つまり、次の2ステップを実践することです。

  1. あなたの得意分野、大切にしている価値観をあなた自身が決め、
  2. その世界でひたすら楽しむこと。

そうすることで、影響力を持とうとしない境地にいくこと。それは、「あなたが、あなたの世界を全力で楽しんでいたら、影響力なんて勝手についている」ことを意味します。その影響力は、テクニックに頼らない「あなたの在り方そのもの」なので、最もパワフルといえるのです。

あなたは、自然にあなた史上最高の影響力を持つことになる

あなた史上最高の影響力

その結果、あなたの影響力は最大化されます。

そうすると、あなたの次のような要素が変わります。

  • あなたの言葉
  • あなたの意見
  • あなたの表情
  • あなたのリアクション
  • あなたの視線
  • あなたのうなずき
  • あなたの仕草
  • あなたの思想
  • あなたの判断
  • あなたの行動

要するに、あなたのすべてに影響力が宿る。そうすると、自然とオーラが出ることになります。その結果、あなたのエネルギーに共鳴した人たちが、あなたの周りに集まってきます。

例え話の効果や使い方:簡単に会話上手になれるたった一つの方法で話したように、蝶をつかまえるための最も簡単で確実な方法は、あなた自身に甘い蜜を塗ることです。虫取り網を振り回して、蝶を追いかけることではありません。つまり、打算的に影響力をまき散らかす必要はないのです。

  • あなたの体に甘い蜜を塗る=あなたの世界で、あなたがひたすら楽しむ
  • それに寄ってくる蝶=あなたのエネルギーに同調し、あなたに会いにくる人たち=あなたに必要な人たち

このように、自分の世界を輝かせることだけにエネルギーを使っているあなたは、結果的に多くの人たちを動かす存在になっているのです。つまり、あなたは、自然にあなた史上最高の影響力を持つことになるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの今の現状がどうであれ、まず、あなたが努力せずにできることは、これです。

「損得や優劣に関係なく、あなたがやっていて気持ちのいいことや特技を書き出してみる」

それが、あなた専用の世界です。それが分かれば、今度は、その世界を存分に楽しんでください。あなたはあなたの世界に集中することです。

その結果、あなたの最高の影響力を感じ、そのエネルギーに同調した人たちが、あなたのドアをノックしにきてくれます。それは、あなたへあらゆる可能性を秘めたチャンスも連れてきてくれるということです。

最後に、孔子の言葉にこんな一節があります。

「これを知る者は、これを好む者に如かず(しかず)。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず(しかず)」

如かず(しかず)とは、及ばない・かなわないという意味です。

「ものごとを知っている人は、それを好きな人には及ばない。ものごとを好きな人は、それを楽しんでいる人には及ばない」

つまり、「楽しんでいる人には、誰も勝てない!」ということです。

あなたは無双という言葉を知っていますか?無双とは、並ぶものがいないほどスゴいことを表す言葉。そうすると、「楽しんでいる人は無双」=「楽人無双(らくじんむそう:造語)」なのです。

ぜひ、「たったこれだけ!努力なしで今すぐあなたが影響力を持てる2ステップ」を実践してみてください。

 

今回も、ブログを読んでいただき、心からありがとうございます。

このご縁を、大切に育めて行けたら光栄です。

「世の中が教えてくれた成功よりも、あなただけの豊かさを。」

5冊のe-book 無料プレゼント

願望実現と引き寄せの答えをたった一つに集約!
『あなた史上最高の自己肯定感に満たされる方法』

e-book

今、あなたはこんなふうに感じていませんか?

今まで、自己啓発やスピリチュアルを学んできたけど…

  • 「人生が変わった気がしない…」
  • 「いったい、何が本当なの?」
  • 「もう、いい加減にして!」

このe-bookを読めば、願望実現や引き寄せのために「何をすればいいのか」はっきりします。
ぜひ、この機会に、「これさえやれば、うまくいく!」本当の答えを手に入れてください。

e-bookの内容

  • e-book第1弾 あなたが「変容」する瞬間とは?
  • e-book第2弾 あなたの「変容」を邪魔する2つの障害とは?
  • e-book第3弾 あなたの「本当の姿」とは?
  • e-book第4弾 集合的無意識を味方につけ、望む引き寄せを多発させ、願望を現実化させる秘密とは?
  • e-book第5弾 「絶対的な法則がないことが、絶対的な法則」というこの世界の真理の一面とは?

~最後まで読んでくれたあなたへ特別なご案内~

“個別悩み相談つき”
豊か人Premium勉強会
開催のお知らせ

生き方が変わる。プレミアム勉強会碩 竜平

さんざん痛い目に合って、やっと「本当の自分」に出会えた僕が、「何をやっても変われなかった人」にこそ、伝えたい。

過去の後悔も、未来の不安も、もうどうでもいいです。

あなたは、“なりたい自分”にサクッとなって、今を安心して生きればいい。

それだけで、あなたは変わる。みるみる変わっていきます。

『望む現実を100%引き寄せられる』その秘密を分かち合えれば、あなたも、みんなも喜んでくれる!そして、僕も嬉しい!

その結果、みんなで豊かになっていけるのです。

この勉強会では、「今まで何をやっても変われなかった人」が、劇的に自分が変わる瞬間を体感していただくために開催しております。(※もちろん個人差はあります)

結婚、お金、仕事、人間関係、自分らしさ・・・

どれか1つでも、今、あなたがしんどい思いをしているのなら、どうぞ、僕に会いに来てください。

ぜひ、『歩くパワースポット』のエネルギーを受け取ってください。

きっと、「人生、これで大丈夫!」そう実感していただけます。

個別悩み相談時間の許すかぎり、参加者一人一人のご相談をその場でお受けいたします。

30歳を過ぎると切実になる『よくある5つの悩み』・・・あなたは、どれをスッキリさせたいですか?

この勉強会では、500人以上にアドバイスしてきた「結婚・お金・仕事・人間関係・自分らしさ」の具体的な“悩み解決策”を、その場でお伝えしています。

『心が楽になる考え方』『すぐに実践できる行動』を、詳しくお話ししますので、参加者の多くの方から好評を得ています。

「私は大丈夫なんだ!」「よし、やってみよう!」そんな喜びのご感想をたくさんいただいております。

この機会にぜひ、ご活用ください。

内容一部

  • あなたが出会いに恵まれず、結婚できない理由
  • 今まで、お金を引き寄せられなかった本当の原因
  • あなたのもとへ、どんどんお金が集まり出す秘訣
  • あなたが自信を取り戻し、自己肯定感に満たされるコツ
  • 「○○したいけど、できない」メンタルブロックの解除法
  • 潜在意識にアプローチする4つの質問
  • あなたの時間軸を反転させる秘密の習慣
  • 過去の後悔が消える体感法
  • 幸と不幸は1:1。ネガティブな人や出来事に打ち勝つ究極真理
  • 心理学、脳科学、量子力学、スピリチュアルで解明する引き寄せの種明かし
  • あなたの現実世界を創造しているシンプルなメカニズム

「私だって変われる」を、
たった2時間で。

詳細はこちら